欧米から来た習慣|ミニのキャバドレスで差を付けよう|ナンバーワンにのし上がる
女の人

ミニのキャバドレスで差を付けよう|ナンバーワンにのし上がる

欧米から来た習慣

ブーケを持つ人

その起源や役割など

ブライズメイドというとその言葉自体を知らないという方も多いでしょう。ブライズメイドは結婚式で花嫁のお世話をする人達の事で、花嫁の友人や姉妹など未婚の女性が務めます。ブライズメイドは日本にはなかったもので、この起源はまだ悪魔が信じられていた中世のヨーロッパまで遡ります。ブライズメイドは花嫁を狙う悪魔の目を惑わすための存在でした。それが現在にも続いており結婚式に衣装を揃えて付き添ったり、ブライダルシャワーという新婦のための前祝いなどを企画したりします。日本でもこの欧米のブライズメイドを真似て、友人に頼んでブライズメイドになって貰うことが多くなってきています。ブライズメイドが結婚式にいることで式は華やかなものになります。

色やデザインなど

本物のブライズメイドを見たことが無くても、映画などでは見た事のある人も多いでしょう。結婚式に若い女性が同じドレスを数人で揃えているという場面です。色はそれぞれですが、新郎新婦のイメージカラーがあればそれに合わせることもあります。欧米では明るい色を選ぶことが多いようで、色デザインともに揃える場合や色だけ揃えるケースなど様々です。明るい色を選べば会場も明るい雰囲気になるので最適です。ブライズメイドのドレスは花嫁の負担になるのであまり高いものだと負担が大きいですから、手頃な価格のショップやレンタルがお勧めです。海外通販は種類も多いし安いのですが、言葉の問題などがあるのでよく検討して購入して下さい。